トリプルメディア、SoLoMo、O2O etc. 面白さ優先のマーケティングをご提案しています。

SoLoMoにきっちりコミットします

  • HOME »
  • SoLoMoにきっちりコミットします

SoLoMo × トリプルメディア

SoLoMoとは

Social(ソーシャル)・Local(ローカル)・Mobile(モバイル)の頭文字を並べたものです。
インターネットでマーケティングを考える場合、この三つを考慮に入れた施策をとるのが今風です。

トリプルメディアとの関係は

ソーシャル・ローカル・モバイルと言われても、「で?」ってなりますよね。
実はトリプルメディアとのマトリクス図にしてみると、具体的にどんなことをしたら良いのかが見えてきます。

solomo

 

ペイドメディア × SoLoMo

ペイドメディア × ソーシャル

AdWordsには広告に+1ボタンを設置する機能があります(+1ボタンが何かという説明が必要な現状では、あまり効果があるとはいえませんが)。またFacebook,Twitterに広告を掲載するのもこのカテゴリに属します。
今後「+Post」という広告出稿形態が用意されるらしいので、よりペイドメディアとソーシャルの融合は進みそうです。

ペイドメディア × ローカル

AdWordsには強力なエリアターゲッティングツールが用意されています。またGoogleプレイスと連携させることで、GoogleMAPへの広告掲載も可能となります。
個人商店(ショップ・飲食店など)で、Web広告にそれほど時間もお金もかけれれない場合、AdWordsExpressというサービスも有ります。

ペイドメディア × モバイル

モバイルへのディスプレイ広告配信は投資効果を真剣に考えているのであればもはや必須です。もちろん、ランディングページ及びサイト全体がモバイル最適化されていることは前提となりますが。
アプリ広告も配信アプリをきっちり管理しきれば相当な効果が見込めます。

オウンドメディア × SoLoMo

オウンドメディア × ソーシャル

自社サイトをオウンドメディア化するのはSEO的にも有効ですが、SEOに必死なテキストを書くよりも、興味を持って貰えそうなネタを面白く書いて、ソーシャルで拡散してもらう手段を狙ったほうが効果的です。そのためにはソーシャルボタンを設置し、シェアしてもらいやすい環境を構築しておくことが重要でしょう。

オウンドメディア × ローカル

オウンドメディアにローカルネタを盛り込むのは親近感をもたせるのに有効ですし、ローカルな企業にとって、自社商品・自社技術をグローバルに訴求するためのマーケティング手法として、企業のメディア化は今後増々重要なものになっていくと考えます。

オウンドメディア × モバイル

ローカルなショップの場合、「自社サイト訪問者の約半数がモバイルからのアクセス」ということもザラに起こります。レスポンシブデザイン等、モバイル最適化したサイトを用意するなどして、UX・コンバージョンの最大化を目指しましょう。

アーンドメディア × SoLoMo

アーンドメディア × ソーシャル

アーンドメディア=ソーシャルメディアだったりするので、ここは当然Facebookページ等の話になります。
若者のFB離れも起こっているようですが、企業がマーケティング・キャンペーンに使えるまともなSNSとなるとやはりFacebook一択のような気がします。

アーンドメディア × ローカル

O2Oを意識したメディア活用。FacebookやFoursquareのチェックイン機能は、うまく使えばクチコミ効果をより高めるツールとして活用できます。

アーンドメディア × モバイル

ネット(Online)と現実(Offline)を結びつけるのにモバイルが最適であることはFacebook,Twitterなどを利用されている方はすでにご存知でしょう。
スマートフォンの普及によって、電子書籍の発行やオリジナルアプリの開発など、今までになかったコンテンツ開発も簡単にできるようになってきました。

投資収益率がプラスなら投資額を抑える必要は無いわけです(理論的には)

すべてのビジネスにおいて9項目の手段が必要なわけではありません。
何をどのように進めたら利益につながるのか?
正直やってみないとわからないです。が、多少の経験とノウハウは持っています。

是非お問い合わせください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © I.P. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.