a1180_009103_m

私はSEOに特化したコンサルティングをやっていないし、やれないし、やるつもりもありませんが、SEOを否定するつもりは全くありません。重要な施策です。

SEOとは

SEOとは、ある特定のキーワードで検索したユーザーに対して、自社の商品・サービスを積極的にアピールするため、検索結果の上位に表示されるようなWebサイトを構築するものと理解しています。
良い商品・サービスが検索結果の下位に埋もれてしまっては、ユーザーにとって不利益なわけで、上位に表示されるように最適化(Search Engine Optimization)を行うのは、ユーザーのメリットになります。
その上で、顧客の認知度・エンゲージメント・ロイヤリティ向上につながる、つまり「顧客に愛される」ために行うものがSEOです。

えぇ、もちろんタテマエです。

SEOコンサルタントはかくあるべき

アユダンテさんのセミナータイトルが大変清々しい。

「いちばんやさしい新しいSEOの教本」 出版記念セミナー
「 Google に愛されるSEO ~これからのSEOの新常識」
(念のため魚拓

言っちゃうんですね。Googleに愛されるSEOって。

たぶんGoogleはどのWebサイトも愛するつもりはない。そんなことはわかってる。だけど愛されたい。ユーザーとか顧客とか一旦置いといて、とにかくGoogleに愛されたい。究極的に片思い。もはや純愛と言ってもいいくらい。そんな感じなんでしょうか。

SEOコンサルタントはクライアントWebサイトがどうやったらGoogleに愛されるかを真剣に考えるのが本業です。SEOで成果を上げることが目的です。まぁ愛っていうのは正直違う気がしますが、そのくらいの気概を持って仕事をされているんでしょう。素晴らしいです。

企業のオーナー、マーケティング担当者もそこまで思いつめるべき?

でも、Webサイトのオーナー側、例えば私のクライアントさんがGoogleに愛されたいと真剣に言っていたら、それはちょっと不安を覚えます。
「そんなことより顧客に愛されるためのマーケティングでやるべきことはたくさんあるんじゃないですか?SEOはその一手段だと思いますけどねぇ。」的なことをやんわり伝えて、それでもご理解いただけなければ「なるほど、ちょっと良く分かりませんね」という大人対応をさせていただくことになるかと思います。

私はいっぱいお金払ってくれるクライアントを愛します。

多分ビジネスってそういうもんですよね。
そう考えると本当にGoogleに愛されたいのであればAdwordsやるべきですよ。
私もGoogleさんに毎月ほどほどに広告掲載料を支払っていますが、ま~色々気を使ってくれます。メールも電話もガンガンくれます。色んな物もくれます。鬱陶しいくらいです。いやそこまで言ったらGoogleさんに怒られるか。

Googleに愛されるってそういう意味じゃないってアユダンテさんにも怒られそうですが。