140821

Googleには店舗や企業がオウンドメディア、アーンドメディアとして使えるサービスが二つありました。
GoogleプレイスとGoogle+ローカルページです。

Googleマップから出てきたプレイスと、Google+から出てきたローカルページだったように記憶しています。
似通った位置づけの微妙なサービス群でした。

二つのサービスが統合されてGoogleマイビジネス誕生

店舗・企業がGoogleを活用する際の窓口が二つあるというのはGoogle側の都合であって、利用者には不便です。
そんなことはGoogleだって理解していたのでしょう、ようやくといった感はありますが、マイビジネスとして統合されました。

できること1:Googleに掲載される店舗・企業情報の管理

名称・住所・電話番号・営業時間など、基本情報をGoogleに「正確に」伝えられます。 これにより、検索結果に設定した情報を表示させることができます。
140821_3
マップにプロットされたり、
140821_2
詳細情報を見ることができたりします。

GoogleMAPでも
140824
店舗の詳細情報が表示されます。

スマホで検索した場合はより強烈にアピールできる表示形式です。
2014-08-22 11.39.56
営業時間の下に電話のボタンと経路案内のボタンが表示されるので、予約・案内がWebサイトを介すことなく完結してしまいます。AndroidユーザーはGoogleがデフォルトの検索エンジンなので、この表示形式だと集客効果は相当高いと思われます。 ※これらの情報は、マイビジネスに登録しなくても表示されることがあります。登録することで、より正確で詳細な情報を掲載できるようになります。

できること2:Google+にページを持てます

140822
国内ではそれほど有名ではないSNS、Google+ですが、あまり知られていないというだけで、実は知らず知らずのうちに利用してたりするんですね。登録データがGoogleの各種サービスで使いまわされたりしているので、ページを運用することは、SEO的にも効果があるといわれています。
うまく使えば、メニューの紹介や、業務案内のページも作れるので、すでに閉鎖になったYahoo!ロコプレイスの代わりに利用することも可能でしょう。

できること3:AdWordsに住所表示させる場合は登録必須

AdWords広告にはサイトリンクオプション、電話番号オプションと並んで、住所表示オプションというのがあります。これを使いたい場合、マイビジネス登録が必須となります。

ちなみに各オプションは、検索結果で広告が表示された時、 140825
メインのリンク先以外にいくつかのリンクを設置できるのがサイトリンクオプションです。これは上部掲載の広告のみ適用されます。
電話番号が表示されているのが電話番号オプションです。これは右側掲載でも表示されます。

住所表示オプションはあまり使われていないですが、こんな感じです。
140825_2
広告に住所が掲載されます。住所が書かれている部分をクリックすると、GoogleMAPが開きます。
スマホだと「経路案内」と表示され、クリックするとGoogleMAPで、現在地から設定住所までの経路が表示されます。
2014-08-25 11.46.18
あまり使われない理由はこれです。
自社のWebサイトに誘導できないのに、課金発生となるのが広告主様にはなかなかご納得いただけないんですね。
逆に効果が高い理由もこれです。
スマホで検索している人は、場所を気にしている可能性が高いので、住所表示オプションと電話番号オプションを設定しておけば、Webサイトを介すことなく来店客を獲得できる可能性が高まります。

先日Googleから「ディスプレイ広告でも住所表示オプションを利用できるようになる」とアナウンスがありました(テキスト広告のみでイメージ広告には付かない)。
より店舗所在地を認知させることができるようになるみたいです。

プロモーション予算の振り分けに変化が出るかも

考えようによっては、マイビジネスや食べログなんかをアーンドメディア兼オウンドメディアとして利用し、そのページをAdWordsで宣伝してしまえば、自社でオリジナルWebサイトを構築することなく、検索ユーザーを来店に結びつけるプロモーションスキームが出来上がってしまいそうです。

オリジナルサイトを作る予算をAdWordsに振り分けたほうが、来店促進にはたぶん効果高いと思います。
実際そこまで割り切った運用をしたことはありませんが、自信はあります。
実験に付き合っていただける奇特な飲食店等店舗オーナー様、おられましたら是非お問合わせ下さい。